スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バディファイト】煉獄ナイツ&ゴールデンバディパック(判明分)竜騎士考察

煉獄ナイツが発売されて数日経ちましたが、皆様デッキ作り捗っていますでしょうか。
自分の煉獄ナイツで一番注目しているのは竜騎士です。

今回は煉獄ナイツ収録の竜騎士とゴールデンバディパック収録の竜騎士の考察です。
追記からどうぞ。
今回竜騎士は非常にいい強化をもらったと思います。
ハイペリオンやハルトマン等のデッキベースを底上げするようなもの、ボクデン等のコンボ要員を手に入れました。
以下、一枚ずつ紹介です。

《騎竜 ハイペリオン》
縛りがあるため実質竜騎士専用武器です。
《エルキホーテ》のような効果を持ち、モンスター破壊時にも適用されます。
装備コストは重いものの、維持できればすぐに元が取れるため強いカード。
あとは竜騎士属性を持っていれば完璧でしたが、そうするといろいろ暴れそうなカードがあるので…。

《竜騎士 スパルタクス》
ちょっと使いづらそうな1枚。場のカードをソウルに入れるためアド的には結構なマイナス。
とはいえマクシミリアン等のシステムモンスターを多く採用する型であれば悪くないため型次第では使えるのかもしれない。
ソウルガード持ちだが防御力がそれほど高くないため《騎兵学校》と併用も考えられるか。もしかして《騎兵学校》入れられたりするのか…?

《竜騎士 トモエ》
今回の竜騎士強化の筆頭。《ドラゴアーチャー》と違い場に依存しないため誤算が少ない。
攻撃力もサイズ1にしては高く、モンスターに積極的に殴りかかれる。
殆どいうことはない。それほど強い。

《竜騎士 モトナリ》
ゲージがたまります。サイズ2には他に優先したいものが多いため、枠的には厳しいか。
《エルキホーテ》や前述の《ハイペリオン》でゲージをためる方が楽そうです。
能力もちょい控えめ。

《竜騎士 ミツヒデ》
《ノブナガ》を倒せます(真顔)
冗談はさておき、面白いカードだとは思います。攻守は低いものの、打撃力はそこそこあるのでそれ程腐らなそうな感じ。
今後の流行次第では選択肢に上がるかもしれない。

《竜騎士 ボクデン》
コンボ用カード。《ジェロニモ》の攻撃力を上げたり、《ヴラド・ドラキュラ》の打撃力を上げたり、《リチャード》、《グロリアスレガシー》の条件満たしたり。
ステータスも低くはないです。だが如何せんサイズ2の枠は…。

《竜騎奥義 ザ・グロリアスレガシー》
こちらも竜騎士強化に大きく貢献する1枚。5枚以上という条件は難しいようで、結構簡単。
ゲージ消費も少なく手軽にアドの取れるカード。
ただ、アドをとった後どうするかということも考えて構築をしないと決定力に欠けてしまう部分もあるので注意。

《竜騎士 ハルトマン》
待望の移動持ちサイズ2。しかも使いやすいステータス。
《騎兵学校》で《ハルバード》になります。
《ナポレオン》との相性も良く、集めておきたい1枚です。
レアリティが低いのもグッド。

《竜騎士 クレイジーホース》
《サウザンドレイピア》。癖はないので使いやすいとは思います。

《ナイトカウンター》
個人的に中々高く評価してるカード。
流行するであろう煉獄騎士団にぶっ刺さります。
そのほかにも役立つ相手は多いので入れておくと便利かもしれません。


次にゴールデンバディパック。こちらは『新撰組』ですね。

《竜騎士サノスケ》
待ちに待ったサーチ持ち。正月から希望を見せてくれました。
《ソウシ》を呼んでセンター突破してもよし、《コンドウ》で勝負を決めに行ってもよし、《ヒジカタ》で《壬生の狼》を構えてもよしと今後の新撰組を担う強力カード。
発売が待ち遠しいです。

以上、考察でした。次回からは実際に組んだ(or組む予定の)竜騎士デッキを2つ紹介していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
バディファイトとMTGをメインに楽しみつつ、ヴァンガードなんかもやってます。
相互リンクなど大募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。