スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】むらくも新規カード考察

新規のむらくもをようやく確認することが出来ました。
それ程多くない収録数なので、一つ一つ考察していきたいと思います。

●G3
《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》
今回のむらくも用メインVユニット。前回の記事でも紹介したので短めに。
単体での能力は並程度ではありますが、メタモルフォックスやカグラブルームなど、優秀なサポートが続々判明し他のユニットとのシナジーを考えれば非常に強力なユニット。本当はLJなのに…。

《隠密魔竜 カグラブルーム》
むらくも用BR。効果はCB1でVを2体まで分身させます。また、ターン終了時には手札に戻るので実質アドはプラスに。アタッカーの確保もできます。
今回追加のヒャッキヴォーグはもちろん、シラユキやマンダラとも相性がよさげです。
このユニットの存在で、むらくもは環境入りできる可能性が増えました。

《求道の忍鬼 アマクサ》
いわゆるディグニ互換。癖がなく扱いやすいものの、メリットも少な目。
ヒャッキの登場で、むらくもがパワー不足で悩まされることも減ったので、採用は難しいかもしれません。

●G2
《魔髪の忍鬼 グレンジシ》
やや厳しい条件ですが、アタックヒット時に分身のできるユニット。
むらくものG2で9000が増えたというのはそれだけでありがたい。
同じような役割を持つミッドナイトクロウとは好みや構築で使い分けられます。

《忍獣 チェインギーク》
フリュート互換。条件は満たしやすいです。
前列アタッカーが足りないと思ったときは入れてみるのもいいかもしれません。
特にVの能力で分身できるタマモ軸には採用の価値ありです。

●G1
《銀襴吹雪 ササメ》
むらくもQW。ヒャッキ軸ではデッキ内のヒャッキを落としてしまう点や、CBがカツカツな点を考えると入りづらそうです。
従来のような、VでほとんどCBを使わないタイプの構築であれば、1、2枚挿せる、といったところでしょうか。

《番傘の忍鬼 スケロック》
今回新たにむらくもに実装された能力、「移動」の持ち主。
盤面整理ができるというのは強く、G1タワーを作っても移動することで無駄のないコールができます。
しかしヒャッキ軸ではG1が激戦区なので入るかどうかは微妙。
従来の速攻型むらくもでは輝きます。

《忍獣 デスリーダガー》
むらくもの専用ブースト。条件は同名カードがいること。
分身ユニットがいれば簡単に達成できる条件なので使いやすい部類でしょう。
アマクサやアラハバキをブーストすれば21000に達するのでタマモ軸のR裏としてもアリかもしれません。

●G0
《真砂の忍鬼 ゴーエモン》
スケロックと同じく、移動能力を持ったFV候補。FVもからめた速攻をかけるなら採用候補。
しかし優秀な能力のイビルフェレットや安定感のあるコクエンマルがいるため採用は難しいかも。

《匕首の忍鬼 ヤイバー》
新規クリティカルトリガー。むらくもはトリガーには非常に恵まれています。
このユニットの登場により☆16構築が可能になり、主にマガツに新たな選択肢が出来ました。

《闇夜の忍鬼 クローグ》
新規スタンドトリガー。ヒャッキがスタンドとの相性が良いのでスタンド軸にするのもいいかもしれません。


以上です。

今回の追加は数こそ少なかったものの、割と的確な強化がされたと思います。
欲を言えばあとすこしG2の9000ユニット、G1の7000ユニットの選択肢が欲しかったという点でしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
バディファイトとMTGをメインに楽しみつつ、ヴァンガードなんかもやってます。
相互リンクなど大募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。