スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】隠密魔竜ヒャッキヴォーグ“Я”について

昨日の今日のカードで、ついに紹介されました。

詳しい画像や効果はヴァンガードの公式サイトを参考にしてもらうとして、今回はこのカードの考察をしたいと思います。

メインVとしての活躍が期待される、新たなG3のパワー11000ユニット、ヒャッキヴォーグですが、効果を要約して説明すると、

・V登場時CB2で同名スペコ&ターン終了時手札に
・LB呪縛2体で同名にパワー+10000

という能力。

同名スペコの方の能力はむらくもには珍しいアドのとれる能力。

また、手札に戻るので次のターンの殴り返しや除去から守ることができ、LBの能力の方につなげやすくなっています。

呼ぶユニット自体もG3なのでシールド値こそ増えないものの、単体で殴りに行けるユニットです。

LBの方はこれまで低パワーに悩まされていたむらくもにはありがたい能力。
21000ラインを2つないし3つ作ったり、1列潰して31000ラインを2つ作ることが可能なので小回りがききます。

また、分身ユニットの呪縛でアドがとれるのもポイント。

総じて、結構いいG3をもらったのではないかと思います。
マガツにあった、手札にくるとマズいという弱点も消えてますし(ダメージゾーンはやはりだめですが)。

相性がいいのは前述したように呪縛でアドがとれる、分身ユニット。
特にオボロカートはアニメでも使われていたように、ヒャッキを増やすのにも使えるので現時点の情報だと必須だと思います。

相方のG3に関しては、BRもしくは能力がLBに依存しないものが良いと思います。

LBに依存しないユニットですが、マンダラ、ZANBAKUといったものがあります。

マンダラは癖がなく使いやすく、ZANBAKUはココなんかのライドを繰り返すデッキには嫌がられます。そんなところ。

後はLB前に能力を使えるタマモなんかも悪くないかもしれません。

ただ、マンダラとタマモは効果によるコストの使い方を考えないとヒャッキの登場時効果が使えなくなる可能性もあるので注意点。

ふつうに考えれば、素直にBRが安定だと思います。能力はまだ判明していませんが。

もうちょっと周辺ユニットが判明したら、レシピを考えていこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
バディファイトとMTGをメインに楽しみつつ、ヴァンガードなんかもやってます。
相互リンクなど大募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。