FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】だ、ダムド・チャージング・ランス…(震え声)

以前の記事から続いて、旧シャドパラを使っています。きなこです。

今使っているのはPBD型(バイヴ・カーガン積み)なんですが

あと1枚っていう差で負けることが多いような…。

どこでこの1枚が…

ハッ

フルバウ「俺は不動だぜ(キリッ」

おまえかああああああああああああああ!

という茶番はここまでにして、まあ結構回してみた感想なんですけど

○ダムドの使うポイントが明暗を分ける
基本がアド損なのであんまり積極的に狙っていくものではないと思うのですが、やはりこのスキルを使いこなしてこそのPBD。
こういう一撃必殺系のスキルを使うときはやはり完全ガードの無いときに打ちたいもの。
ということで、最低限相手のドライブは覚えたうえで。

そのうえで効果的だった使用タイミングは
①先攻G3ライド時
バイヴ・カーが来ていれば狙えないこともないタイミング。
相手がG2ならば、もしガードしようとすれば多大な出費を、ノーガードであればダメージレースで大きく優位に立てます。
まあ、その後盤面を立て直すことが出来なかったりすると厳しいのでハイリスクな行動ではありますが。
②相手の減ってきたタイミング
こちらに関しては特に何も言うことはないような。
完全ガードがなければ、ゲームを決められるようなタイミングのはずですし。

そしてここから導き出した結論

『やっぱり無理に使う必要はない』

ええ、同じCB2ならマーハでカロン持ってきた方がよっぽど有用です。

むしろG2時に溜まっていれば、相手の優秀なFV焼く方がいいような気さえします。

ただ、こういう選択肢もある、ということ。

CBはヒールを当てにしなければ最大で5。その5を選択肢の中でどのように割り振っていくかがプレイヤーの腕の見せどころであり、楽しいところでもあると思います。

そしてその選択肢が異常に多いのがシャドウパラディンというクラン。

撃退者はこのクラン特性を高水準に伸ばしたデッキということが、原点ともいえるPBD軸の旧シャドウパラディン達を使うことで再確認できたと思います。

そういった点では、やはり楽しいデッキですねー。



でも私はタルトゥ派。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
バディファイトとMTGをメインに楽しみつつ、ヴァンガードなんかもやってます。
相互リンクなど大募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。