FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】むらくもの「分身」

懲りずにまたヴァンガード、それもむらくもです。
自分にとってまだ初めて日が浅いカードゲームなので発見することが多く、しっかりとメモしておきたいので記事が偏っております、あしからず。

さて、マンダラやシラユキのパワーマイナスがむらくもの守りの戦術であれば、分身は攻めの戦術。
この二つをうまく使っていくことこそ、むらくもを使う上で重要な点といえるでしょう。

以前にも書いたと思いますが、分身では枚数的アドバンテージを取れているわけではありません。

もちろん、Rに回す分のユニットを手札に残しておけた、という点では5000くらいはシールド値で得をしているのかもしれませんが、あくまで5000。おなじカウンターブラスト1で10000シールドになるマンダラや20000シールドになるシラユキと比べれば損をしている計算になります(もちろん、手札にあるものが違うという点で、一概にそうともいえない場合もありますが)。

では、どうやってこの戦術を生かしていくのか。
それは一般的に言われていますが、序盤からの3パンです。

普通のデッキで序盤から3パンを仕掛ければ、後々シールド値が不足したり、殴り返しでその後の攻め手が不足する事態が起きます。
また、そもそも攻めることができるユニットがいない場合もあるでしょう。

しかしむらくもでは分身を使うことで殴り返しのリスクを抑えつつ、安定した戦力での3パンが可能です。
速攻で攻めダメージレースで優位にたった後、ペルソナブラスト組でじっくりと詰めていくかタマモなどでさらに分身を加速させ手札からのガードをうまく使いとどめを刺すかというのがむらくもの勝ち筋ではないでしょうか。





それでは最後に分身を使うポイントを

①むやみやたらに分身しない
冒頭で述べた通り分身は枚数的アドバンテージはほとんど得られていないのです。
手札からの展開で補う部分、分身する部分をよく見極めて分身をしましょう。

②先を読む
若干、前の話と矛盾しますが分身は5000くらいのシールド値として得をすることができます。
後半になればなるほど15000以上の要求をされることがあるので、そういったときにシールド値が足りないなんてことがないよう、分身でユニットを補う使い方も大事です。

③攻撃順、攻撃場所、配置を考える
ミッドナイトクロウを使う際の注意点なのですが、このユニットは8000とグレード2にしてはパワーが低く5000要求のアタックになりがちです。
ですからダメージトリガーなどが出ると、そもそもアタックが通らなかったりしてしまいます。
バニラトリガーユニットを後列に置き、トリガーが出たとしても最低5000は要求できるようにするなどといった大胆なプレイングも必要でしょう。ドロートリガーなどを入れている場合はシールド値が低いので迷わず後列に参加させましょう。後半になったとしてもむらくもの豊富な11000のユニットと16000ラインを組めるので無駄になりません。


以上です。まだまだヴァンガード歴は浅いので理論的に正しいかどうかは正直分かりません。
ですが、こういう考え方もあるぞ、という参考にしていただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これだけ細かな研究ができるなら
他のデッキの構築を理論上組み立ててもしっかり回せそうですなぁ(´∀`)
しかしこう読んでると
本当にむらくもだけでもこれだけ幅が広く動かせるんですなぁ
それだけでなく愛情も感じられます
むらくも愛が素晴らしいですなぁ(´∀`)

>シェナさん
そう言っていただけると嬉しいですね 笑
逆にほぼむらくもしか使っていないのでこれだけ研究している感じですね。
今のところはむらくもを極めたい感じです。
他のクランにももちろん興味はあるので、いずれ時が来たら組んでみたいと思います。
その時には是非シェナさんのレシピを参考にさせていただきます。

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
バディファイトとMTGをメインに楽しみつつ、ヴァンガードなんかもやってます。
相互リンクなど大募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。