スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】絶禍発売前時点、個人的むらくもプレイング等

パソコンが壊れているのでスマホから更新です。直るまでは更新頻度が下がると思います。

さて、絶禍発売を前にして、むらくものプレイングや構築などのおさらいです。

むらくもは現在、ネオネク、メガコロと並んで三期での強化が来ていません。
ですから、カードパワーでは相当な劣勢を強いられてしまいますが、どうにか次の強化まで乗り切りたいところ。

・構築について
クロスライド等増えているので、G3に合わせて7000ブースターは積みたいところ。
引けるかどうかは運次第ではありますが、やはり全くないというよりは対抗策が増えます。
トード採用型→ジライヤ
その他→ナイトパンサー

また、長引けば長引くほど地力の差が出てくるので、やはり速攻は必須。
G2時にコクエンマルと併せて、最近増えつつあるケイ互換相手に10000要求、つまり12000ラインを作れるミッドナイトクロウは現環境では個人的には外せません。

また、G1分身ユニット、ミリオンラットとオボロカートですが、抹消と撃退が前列を焼きまくる以上、後列よりも前列の不足が予想されるので現環境においてはオボロカートの方が優先だと思います。
ミリオンも非常時の前列になれないことはないですが、要求値が下がるのは楽観できないので。
G2時点での12000ライン形成には役立ちますが、それだけ。

・プレイング
先攻をとれた場合、G2時で5000要求を1ライン、10000要求を2ライン作ることを目指すとダメージレースで優位に立てる可能性があるでしょう。ケイ互換等が増え、バニラが入りにくい環境であることを利用し、コクエンマルとシジママルやミッドナイトクロウの組み合わせを使いうまくG2時に12000のラインを2ライン形成しましょう。もちろん、オボロ等でホワイトメインやミストを増やしたライン作りでもOKです。
基本的にクロスがない相手に対してはV裏はドロトリなどで十分です。
シジママルやナイトパンサーはR裏に優先的に設置。

幸い、シラユキのLBは現環境においても通じます。V一発の火力が大きいタイプの相手などは割と余裕を持てるはず。
ただ、アクアフォースなどの5000要求を繰り返すような、細かく手札を削りにくるタイプやネビュラや五大、守護天使などの全ラインを底上げするようなタイプはキツい。
Rを潰しにいくなど、無理のない範囲での消耗戦を仕掛けたいところ。
もしくは速攻をかけて手札を奪いにいくか。
スポンサーサイト

【ヴァンガード&遊戯王】フリー対戦雑感

久しぶりにフリーをすることが出来たんで感じたことを。
細かくは覚えていないですが…。

【遊戯王】
使用したのは六武、リロパ、BK。
対戦相手はスタバ、剣闘、ブラマジ魔導など。

六武はモンスターを引けなくて噛み合わないことが多く、あとは純粋にプレイングを忘れている感。

BKはフリーで初めて使ったのですが、あとひとつ足りない感じ。堅実に行くという面では結構好きなデッキであるものの、手札から展開することが多いデッキなのでもう少し展開力や決定力が欲しいかな。
ただ、リードブローの堅さは頼りになりました

リロパは平常運航。ただやはり止めるところの判断ミスが目立った。

スタバとやった時は全戦先攻とられスタバを出される事態。どうしろと 笑

制限改定なんかもあって暗黒時代が終わる感じなのでぼちぼち手を出していこうかと思っています。


【ヴァンガード】
こちらは高校時代の同級生と。自分がヴァンガードを始めてから会うのは初なので盛り上がりました。
こっちの方はわりかし覚えている&試合数が多かったので、使用デッキごとに。
試合数はもうちょい多かったかもしれませんが、覚えているものだけで。

・PBO軸シャドウパラディン
VSアモン軸ダークイレギュラーズ(一回目) 勝ち
VSアモン軸ダークイレギュラーズ(二回目) 負け
VS銀の茨 負け
案外通用したPBO。アモン戦一回目では相手がクロスできなかったところを堅実にアドをとっていき勝利。
リッパーでラインを崩されても、マーハ等で作り直すなど全体的にいい回りでした。
二回目はクロスされ、パワーで押し切られました。
銀の茨は逆にアド取り合戦で負けた感じ。またこちらはクロスできず、相手はクロスできたのでそこもつらかったかも。

・むらくも
VSネビュラ軸リンクジョーカー 負け
VS銀の茨 勝ち
リンクジョーカー戦は前列呪縛を警戒し、前列を分身で補うプレイングなどをしていたものの、やっぱり思っていた通り後列呪縛でもパワーの低さから相当辛い。
最終的にはブレイクライドやネビュラのLBでガード値を削られすぎて負ける。
銀の茨戦はシラユキに乗ることが出来ずZANBAKUライドだったものの、ミッドナイトクロウ等でのクリティカルトリガーを絡めた速攻が功を奏し、押し切ることに成功。やっぱりクロウ強い。

・撃退者
VS抹消者 勝ち
VS銀の茨(一回目) 勝ち
VS銀の茨(二回目) 負け
VSジェネシス 勝ち
抹消者戦はアタッカーを引けないうえにリンチュウやチョウオウで焼かれまくってほぼV単騎の状態で4点まで食らうが、そこからブレイクライド→タルトゥと繋ぎ、盤面を整える。さらにレイジングを2ターン連続発動からのダブクリで辛くも勝利。ちなみにダブクリでなければ返しのターンで負けていた模様。
銀の茨戦一回目は順当に盤面を揃え、途中で焼いても焼いても現れるアタッカーに苦戦するものの、最後はブレイクライドからのレイジングでフィニッシュ。
二回目はマリチカ速攻を決められ沈みました。
ジェネシス戦は説明しようがないくらいきれいに撃退理想の動きを決めて勝利。

・メタトロン
VSドントレジエンド 負け
カルゼ→ハンガーヘルとライドしていて、ダメージも封竜しかなかったので【封竜】かと思いきや、まさかのドントレジエンド。
途中ノキエル焼かれてエグザミン→エグザミン→ミリオンレイと盤面がG2だらけになってしまったものの、メタトロンのLBでうまく処理。
しかし、ブレイクライドからきれいに3回攻撃を決められてしまい、勝負あり。

・ココくっきー
VSジェネシス 負け
お互い順当な立ち上がりから。だが段々と手札のガード値を削られ、最後はフォルトナにブレイクライドからダブクリ(人為的)でぶち抜かれて負け。
完全ガードを握れなかったのが痛かった。

まだまだ、ヴァンガードに関してもプレイングが甘いと感じられるフリーでした。

また、巷で噂になっている銀の茨と勝負することが出来たのはラッキーでした。
どこかで見たことがあるのですが、確かに彼女らは撃退のメタになりえる印象。
焼かれてもソウルから前列を供給したり、ソウルからの展開により手札消費を抑えてレイジングに備えることが出来る。さらにレイジング素乗りを強要できる、マリチカによる速攻やクロスライドなど、撃退としては嫌な要素が多くあった気がします。

【ヴァンガード】PBO軸について…。なんかしっくりこないぞ…。

以前見たときより格段に値段が下がってたのでPBOを買ってきました!

それにしても2ヶ月くらい前と比べると、近所のショップでは半額以下になってました。
撃退者人気のせいでしょうか?

で、さっそくPBO軸を使ってみたんですが…。

なんかしっくりきません。

いや、堅いですし弱くはないんでしょうけど。

中途半端って感じがするというか…。

あとはクロスライドでVは堅くなるが、そこでRに矛先を変えられると息切れするとか…。

うーん…。

絵はかっこいいんですけどねえ…。

あと、構成にも迷っていて、特に
・ネヴァンの採用有無
・ぺインターの採用有無
について悩んでいます。

ネヴァンについては、単純に手札の入れ替えを行うことができるというのは強いですし、G2時に使えれば事故回避にもなりえます。しかし使いづらさを多少感じるのも事実。

ぺインターはこれがあること自体がPBO軸の長所でもあるとは思うのですが、自分のFVがフルバウなため、ジャベリンの採用を強いられています。
すると、6000ブースターが多すぎて若干の力不足を感じる場面も少なくありません。
また、アリアンがジャベリンにライドできなかった時には魅力的に感じます。

この2点に関しては、未だに答えが出ていませんねー…。
ご覧になっている方で何か意見があればお聞かせ願いたいです。
一応、FVはフルバウという前提で…。ダークを使いたいので。

【ヴァンガード】バトルシスターを組みたい

ちょっと時間があるので、今日は2つ目の記事いっちゃおう!

なんで唐突にバトルシスターが組みたいかっていうと…

そう!

新規カード、<バトルシスター もなか>がイラスト的にも能力的にも非常に気に入ってしまった!

彼女を迎えるため、すでにバトルシスターのパーツはほとんど揃えておきました。

まぁ、ただ揃えておくだけじゃもったいないのでココくっきーを作ったんですけどね 笑

ということで、今回は彼女を考察していきます。

まず能力ですが、



【起】【(V)】LB(4):[CB(1),あなたの手札から「バトルシスター もなか」を1枚選び、捨てる]あなたの山札の上から5枚見て、カードを2枚探し、手札に加え、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。
【起】【(V)】:[CB(2)-カード名に「バトルシスター」を含むカード]そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【永】【(V)/(R)】:盟主



というペルソナブラストのリミットブレイクとECBによる自己強化の能力を持っています。
単純に11000というパワーも、バトルシスターにおいては貴重な能力。


次に組み合わせるユニットについて

◆サブVについて
○くっきー
設定的にも、合わせて違和感のない2人のコンビ。性質の似た能力を持つのでどちらに乗っても戦えます。
くりーむを採用することで21000ラインを構築できるのもポイント。また、それほどバトルシスターにも依存しません。
現状、個人的には最有力。

○ぱるふぇ
新規カードのコンビ。11000ユニット同士のコンビでもあります。
こちらのECBの都合上、バトルシスターでの構築を余儀なくされます。
とはいえ、11000Vの堅さは確か。同じく新規カードのれもねーども採用しやすいです。

○ふろまーじゅ
ちょっと厳しいかな?ぱるふぇと同じく、バトルシスターでの構築を強いられる。
もなかに乗ってしまった時のふろまーじゅの扱いに困る。
単純にアドのとれるVが弱いはずはないのだが…。

○ツクヨミ
大穴。もなかのスキルが山札下に戻すということで、能力判明当初から多くの人が注目していた様子。
順当にライドできればそれでよし、もなかにのっても戦えるという悪くない組み合わせ。
コーデュロイは天敵。

その他のユニット(非名称)
現状の【バトルシスター】に入るカードはどれも入る得ると思うので、採用できる非名称ユニットについて。

○オラクルガーディアン・ジェミニ
ご存じバニラ。トムを入れないのであれば必要性は高くないかもしれない。
安定感はピカイチ。

○サイレント・トム
オラクルの誇る凶悪ユニット。入れるならジェミニとセットで。
前列焼き環境にある以上、数ターンに渡る活躍には期待できない。

○お天気お姉さん みるく
比較的条件の緩い10000ブースター。もなかがVの時V裏に置ければ21000。
ゴリゴリ押していくなら悪くない選択肢。



こんなところでしょうか。他にも、これとかいいよー!ってユニットがあれば教えてくださる方がいればうれしいです。

オラクルは初心者なんで、結構見逃しているユニットがあるかも。

【ヴァンガード】だ、ダムド・チャージング・ランス…(震え声)

以前の記事から続いて、旧シャドパラを使っています。きなこです。

今使っているのはPBD型(バイヴ・カーガン積み)なんですが

あと1枚っていう差で負けることが多いような…。

どこでこの1枚が…

ハッ

フルバウ「俺は不動だぜ(キリッ」

おまえかああああああああああああああ!

という茶番はここまでにして、まあ結構回してみた感想なんですけど

○ダムドの使うポイントが明暗を分ける
基本がアド損なのであんまり積極的に狙っていくものではないと思うのですが、やはりこのスキルを使いこなしてこそのPBD。
こういう一撃必殺系のスキルを使うときはやはり完全ガードの無いときに打ちたいもの。
ということで、最低限相手のドライブは覚えたうえで。

そのうえで効果的だった使用タイミングは
①先攻G3ライド時
バイヴ・カーが来ていれば狙えないこともないタイミング。
相手がG2ならば、もしガードしようとすれば多大な出費を、ノーガードであればダメージレースで大きく優位に立てます。
まあ、その後盤面を立て直すことが出来なかったりすると厳しいのでハイリスクな行動ではありますが。
②相手の減ってきたタイミング
こちらに関しては特に何も言うことはないような。
完全ガードがなければ、ゲームを決められるようなタイミングのはずですし。

そしてここから導き出した結論

『やっぱり無理に使う必要はない』

ええ、同じCB2ならマーハでカロン持ってきた方がよっぽど有用です。

むしろG2時に溜まっていれば、相手の優秀なFV焼く方がいいような気さえします。

ただ、こういう選択肢もある、ということ。

CBはヒールを当てにしなければ最大で5。その5を選択肢の中でどのように割り振っていくかがプレイヤーの腕の見せどころであり、楽しいところでもあると思います。

そしてその選択肢が異常に多いのがシャドウパラディンというクラン。

撃退者はこのクラン特性を高水準に伸ばしたデッキということが、原点ともいえるPBD軸の旧シャドウパラディン達を使うことで再確認できたと思います。

そういった点では、やはり楽しいデッキですねー。



でも私はタルトゥ派。

【ヴァンガード】時代に逆行!?旧シャドウパラディン

最近暑いですねー。

どーもご無沙汰しておりました。

いきなりですが私、旧シャドウパラディンを使いたくなりまして。

しかも。PBO型ではなく、PBD型の方。

近所でPBDの値段が軒並み下がっていたことが理由でもありますが…。

それに撃退者は環境デッキとあまりやりたくない人とのフリーでは使いにくいですし。

トリガーはたくさん余っていたので作ってみました!

『PBD軸シャドパラ』
4 x ファントム・ブラスター・ドラゴン
4 x 暗黒魔道士 バイヴ・カー
3 x ブラスター・ダーク
3 x 虚空の騎士 マスカレード
3 x 漆黒の乙女 マーハ
2 x 髑髏の魔女 ネヴァン
4 x 黒の賢者 カロン
2 x 秘薬の魔女 アリアンロッド
4 x 暗黒の盾 マクリール
4 x ブラスター・ジャベリン
4 x 撃退者 エアレイド・ドラゴン
4 x 厳格なる撃退者
4 x 氷結の撃退者
4 x 暗黒医術の撃退者
1 x フルバウ

割とマイルドな構成です。
フリー用に作ったので、事故率軽減型。
ブラスターダーク+適当なG1かブラスタージャベリンを握ることができればいい感じ。

最後まで迷ったのはネヴァンとマーハの枚数。逆でもいいと思います。
ただ、マーハの方が序盤で引きたいのでこちらを多めにしました。
むしろマスカ4ダーク4ネヴァン3とかでもいいかも。

撃退者と違い、不利を覆すような力はありません。
レイジングと違いPBDは完全ガードで終わるので。
とはいえ、決められれば優位に立てる能力。相手のドライブなどに注意し、できるだけ多くの手札を削れるタイミングで打ちましょう。基本的には通りません。

デッキ圧縮という面では撃退者に劣らず強いかもしれません。
ジャベリンの効果もうまく使えば圧縮につながります。

撃退者より丁寧なプレイングが求められるので、結構好きなデッキです。
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
バディファイトとMTGをメインに楽しみつつ、ヴァンガードなんかもやってます。
相互リンクなど大募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。